【美人局?】出会い系で見つけたロリカワ女に家に誘われるも・・・【体験談】

【美人局?】出会い系で見つけたロリカワ女に家に誘われるも・・・【体験談】

どうも!

出会い系を愛し、出会い系に愛された男

その名も、みっちーです!

普段、出会い系を使って美味しい思いをしまくっている僕ですが、もちろん中には失敗した経験もあります。

今回は、その中でもトップで怖かった失敗談をご紹介しますね。

その名も【出会い系JK美人局(疑惑)事件】です。

※美人局とは?

美人局(つつもたせ)は、男女が共謀して男性を恐喝する犯罪。

王道の手口は、女性とセックスをした後(もしくは、している最中)に共犯の彼氏(夫)と名乗る男性が出てきて恐喝されるというもの。未成年を使った美人局も多い。(相手が未成年だと、恐喝を断りづらくなるため。)

当時の僕は美人局に関する知識はありましたが、正直他人事でした。

『美人局なんて引っかかるのはバカだけでしょ。自分は大丈夫大丈夫♪』なんて風に考えていた訳ですね。

ですが・・・

実際に引っかかってみると(引っかかりかけた)分からないものですね。

僕の場合、会っている最中にいくつか気になる点があったので、ギリギリのところで逃げることができましたが・・・。

あのまま最後まで行ってしまったら・・・と思うと今でもゾッとします。

ということで、本記事では僕が美人局に遭った失敗談を元に、【美人局の特徴】【美人局に遭った時の対処法】を伝授します。

【美人局?】出会い系で見つけたロリカワ女に家に誘われるも・・・

僕が今回の美人局疑惑のあるロリカワ女(以降、S子)と出会ったのは、某出会い系掲示板です。

その掲示板は男女とも完全無料で年齢確認もありませんでした。

今考えると危険要素満載で絶対使わないような詐欺サイトだったんですが、当時の僕は今ほど出会い系に対する知識もなく『無料で出会えるとか最高!』というバカ丸出しの考えでその詐欺サイトを使っていました。

使い始めて少し経った頃、ある女の子とLINE交換をすることに成功したんですよ。

それが、今回の主役S子です。

※当時のLINEのやり取りは残っていませんでしたので、記憶を頼りにやり取りを再現します。すみません(泣)

僕:〇〇(出会い掲示板の名前)のみっちーです!よろしくー。

S子:追加しましたー

僕:S子ちゃんすごいかわいいね笑

S子:よく言われます(笑)

S子:うそ(笑)写真加工してるんで(笑)

僕:絶対嘘じゃないでしょ(笑)

僕:S子ちゃんみたいなかわいい子の彼氏はうらやましいなー

S子:彼氏いないですよー

僕:怪しいなー(笑)

S子:彼氏いたらこんなとこで男漁りしてません(笑)

僕:男漁りしてたんだ(笑)じゃあ、ワンチャン会うのもOK?

S子:いいですよー。

僕:マジ!?(笑)

細かいやり取りは覚えていませんが、だいたいこんな感じでした。

今思うと、なんつー童貞感丸出しの誘い方だって感じですね。

書いておいてなんですが、かなり恥ずかしいです。笑

(念のため言っておきますが、知り合ったばかりの男にこんな誘われ方をされてもOKと言う女の子はまずいません。笑)

(かなり短いやり取りにも関わらずあっさりOKしてくれた。尻軽女だなー。)と思ったのは鮮明に覚えています。

当時は全く違和感を感じませんでしたが。

ちなみに、詳しい待ち合わせ場所は伏せますが、S子の希望に合わせたことは覚えています。

S子と待ち合わせ

待ち合わせ当日。

現れたのは、乃木坂48の生田絵梨花似の超絶美少女でした。

生田絵梨花

生田絵梨花を少し幼くした感じでしたね。

今でも覚えています。笑

しかも、服装はミニスカにおっぱいの形が強調されたニットという最強の組み合わせです。

完全におっさんを殺しにかかっているとしか思えない服装でした。

まさか、無料の出会い系掲示板でこんな上玉と出会えるとは思っていなかった僕は俄然テンションが上がります。

前情報では、22歳という風に聞いていましたが、全く22歳には見えません。

JKでも通じるんじゃないかというロリ加減です。

しかも、おじさん相手でもすごい気さくで、話していてとても居心地が良いです。

S子:お腹減ったー!とりあえずご飯行きます?

僕:あっああ、そうしようか。

S子:食事代はみっちーさんの奢りね♪笑

僕:もちろん(笑)なんでも好きなもの言って。

S子:やったー!

どこかバカ高いところに連れて行かれるかと思いましたが、S子の希望は普通のチェーンの居酒屋さんでした。

S子はお酒が飲めないようでしたので、S子はソフトドリンク、僕はビールを注文して乾杯します。

居酒屋での詳しい話の内容は覚えていませんが、S子はお酒を飲んでいないにも関わらずやたらとボディタッチが多かったことやたらと住んでいる場所や職場などの個人情報を聞いてきたことは覚えています。

後でまとめますが、これって典型的な美人局の手口なんですよね。

ボディタッチに関しては、(積極的な子だなー。今夜は期待できるかも。ムフフ・・)くらいに思っていましたが(笑)、個人情報をやたらと聞いてくることに関しては若干違和感を覚えましたね。

まあ、お酒が入っていたこともあり、この時はそこまで怪しんではいませんでしたが。

酔いもかなり回ってきた頃、S子ちゃんの方からこう切り出してきました。

S子:ね~え?みっちーさんと話してるのすごい楽しい。

よかったら、私の家このすぐ近くなんだけどそこで飲みなおしません?

若くてかわいい女の子にこんなことを言われて断れる男がいる訳ありません。

僕は2つ返事でOKをしました。

ただ、頭の片隅では僕の理性が(今日初めて会った女の子が、向こうから自宅に誘ってくるなんて・・・普通に考えたら変だぞ?)とも言っています。

しかし、お酒の力と性欲にはもちろん勝てません。

僕はS子に連れられるままお店を後にしました。

S子の家は駅1つ向こうのようだったので、2人で電車に乗ります。

電車の中では、S子はずっとメールで誰かとやり取りをしているようでした。

『彼氏?』と茶化すと、『友達だよ~』と言っていましたね。

こんなに若くてかわいい女の子とおじさんが2人で電車に乗っている光景。

傍目から見たら、援交に見えたかもしれません。

・・・数分後、S子の家の最寄り駅に到着します。

S子が先導する形で改札を抜けます。

と。その時、僕は見てはいけないものを見てしまいました。

S子の定期入れです。

S子はかわいいピンク色の定期入れにSuicaを入れていたので、もちろん改札を抜ける時はその定期入れを改札にかざします。

電車に乗る時は気づきませんでしたが、その定期入れに高校の学生証らしきものが入っているのがチラッと見えたんですよ。

この時、さすがに身の危険を感じるほどの違和感を覚えましたね。

(・・・見間違いか?今、確かに高校の学生証のようなものが見えたけど・・・)

(いや、でもS子は22歳のはず。僕を騙しているのか?でも、僕を騙して何かメリットは・・・?)

この時、僕の頭の中に初めて”美人局”というワードが浮かび上がってきました。

『美人局は、好んで未成年の女を共犯に使う』という知識をネットから得ていたからです。

しかし、この時点では違和感であってまだ確信が持てません。

しかも、頭はお酒であまり働いておらず、後少ししたら美少女とのセックスが待っているという状況です。

(いや、S子はそんなことをする子じゃない。今のは見間違いだ。)

本能が理性をねじ伏せます。

駅からマンションへの道中も、S子はずっとスマホを見ています。

そうこうしている内に、僕たちは気がつくと人気の少ない住宅街にあるマンションの前に立っていました。

S子:着いたよ♪

S子は屈託のない笑顔で僕にそう言います。

その笑顔を見た僕は、今までの不安が嘘だったかのように安心しました。

2人してマンションの階段を上がります。

カン・・カン・・カン

夜の静寂に、鉄の階段を踏みしめる2人の足音だけが響きました。

(・・・S子は、1人暮らしって言ってたよな?今時の女の子って、オートロックもついていないこんな物騒なマンションに1人で住んでるのか?いや、マンションというよりアパートだ。貧乏なのか?いや、確かS子は私立の女子大に通っているって言ってたな・・・。家は貧乏ではないはず・・・。)

階段を上るS子は正面を向いたままです。

その表情は分かりません。

S子:・・・ここだよ

部屋の前に着くと、S子はそう言って僕の手を引きながら部屋の扉を開けました。

(・・・今・・鍵開けたか?)

違・和・感

S子が部屋の扉を開けた瞬間、僕はS子の手を振り払ってその場から逃げました。

はあ・・はあ・・はあ・・はあはあはあ

無我夢中で走っていた僕は、気がつけば駅に着いていました。

後ろから誰も追いかけてきていないことを確認した僕は、その場に嘔吐します。

酔っていたのに全力疾走したせいでしょう。

S子の部屋

・・・

あれは、明らかに女の一人暮らしの部屋ではありませんでした。

玄関に置かれた男モノの傘、洗濯機に無造作に掛けられた作業着・・・

あの時、部屋に入っていたら何が起こっていたのでしょうか?

出会い系の美人局の特徴

少しホラー調になってしまいましたが、実話です。笑

確定ではありませんが、今でもS子は十中八九美人局だったと思っています。

その理由は以下の通りです。

簡単に会ってくれる

待ち合わせの場所を向こうから指定してくる

自宅に誘ってくる

スマホをよくいじる

個人情報をやたらと聞いてくる

これらは全て美人局の特徴に該当します。

もし、出会い系で会った女性がこれらの特徴に該当するようであれば、用心した方が良いです。

簡単に会ってくれる

出会い系の素人女性は、通常1通2通のやり取りでは簡単には会ってくれません。(割りきりの場合は別ですが)

ですが、美人局目的の女性は簡単に会ってくれます。

むしろ、向こうから誘ってくることもあります。

お金などの条件交渉が全くなく、向こうから誘われた場合は美人局の可能性を疑った方が良いです。

待ち合わせの場所を向こうから指定してくる

女性が美人局の場合、かなり高い確率で待ち合わせ場所を向こうから指定してきます。

なぜなら、その近辺で仲間が待ち伏せているからです。

待ち合わせ場所を向こうから指定してきた場合、こちらの待ち合わせ場所の変更に応じてこなかった場合は美人局の可能性を持っておきましょう。

自宅に誘ってくる

通常、出会い系の素人の女性は自宅には絶対に誘ってきません。

なぜなら、会ったばかりの男を自宅に招くメリットが全くないからです。

男側からすれば自宅に誘うことはホテル代が浮くなどのメリットがありますが、女性側からすると何のメリットもありません。

向こうから自宅に誘われた場合は、ほぼ100%美人局目的です。

また、同じようなケースで『私の泊っているホテルに来てください』という書き込みを出会い系の掲示板でたまに見かけます。

これも美人局の可能性が高いので注意しましょう。

スマホをよくいじる

美人局の女性はスマホをよくいじります。

これは、共犯の男性と連絡を取り合っているからです。

通常の素人女性は、よっぽどつまらない男性でなければ、初めて会った男性の前でスマホばかりいじることはありません。

もし出会い系で出会った女性が頻繁にスマホを弄っているようであれば、【あなたがつまらない男認定されている】か【美人局】かのどちらかです。

個人情報をやたらと聞いてくる

美人局目的の女性は、デートの最中に個人情報をやたらと聞いてきます。

なぜなら、個人情報は実際に恐喝するときの脅しの道具になるからです。

『職場に電話するぞ!』とか『家に電話して奥さんにばらしてもいいの?』とか。

仮に美人局でないにしろ、出会い系で初めて会った女性に個人情報をべらべらと話すのはやめておきましょう。

美人局の被害に遭ったときは、迷わず警察に電話してください

実際に美人局の被害に遭った時は、迷わずその場で警察に電話してください。

おすすめは、女性が美人局と分かった瞬間にスマホのボイスレコーダー機能で会話を録音しておくことです。

美人局相手には、ボイスレコーダー+警察が最強の対抗手段です。

共犯の男が恐喝めいたことを話した瞬間に、美人局グループの目の前で警察に電話してやってください。

ボイスレコーダーに証拠が残っていますので、恐喝の現行犯でそのまま逮捕も可能です。

職場や家族にバレるのが怖い?

大丈夫です。

不倫などの問題は民事の問題なので、基本的に警察は未介入です。

警察の仕事は、恐喝という犯罪を犯した相手を逮捕することのみ。

『後はどうぞ勝手にやってください』というスタンスなので、職場や家族にバレることはまずありません。

【まとめ】出会い系で美人局に遭わないために!

滅多にありませんが、出会い系をやっていると稀に美人局に遭遇してしまうことがあります。

本記事では、【出会い系の美人局の特徴】や【美人局の被害に遭った時の対処法】を解説しましたが、一番の対処法は【しっかりと年齢確認のある優良出会い系サイトを使うこと】です。

美人局などの犯罪グループは、その大半が年齢確認不要で男女ともに無料な詐欺出会い系サイトに潜んでいます。

美人局の危険性を限りなくゼロにしつつ、出会い系で美味しい思いをするためにも必ず出会い系サイトは選んで使うようにしてください。

※危険性を限りなくゼロにして、出会い系でセフレを探したい方は以下の記事を参照↓↓↓

✅なぜ「管理人みっちー」はエッチな女の子とやりまくれているのか?

なぜ、冴えないおじさんである「管理人」が数多くのすけべな女の子とエッチできているのか・・・。興味はありませんか?

僕と同じ手法を使えば、今日からあなたも性欲の解消相手に困る心配は無くなります。

☟秘密公開中☟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です